大阪マニアガイド

大阪発おでかけ徹底ガイド ヽ(・∀・)ノ ヽ(・∀・)ノカップル・家族・お友達とどこ行こぉって時に参考にしてくださいっ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸

青函連絡船は、青森駅と北海道の函館駅の間を結んでいた鉄道連絡船駅です。
そして、八甲田丸は55隻ある歴代の青函連絡船の中で一番長い、23年7か月現役を務めた船なのだ。
八甲田丸
その明るい黄色の船体は多くの市民から親しまれ、現在は青函連絡船メモリアルシップとして桟橋付近に展示されているのだ。
ようこそ八甲田丸へ
青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸
入場料:大人500円
青森市柳川1-112-15
017-735-8150

入場すると、3Fに青函鉄道連絡船記念館があり、資料や鉄道の模型のほか、グリーン船室や船長室も作られてます。
展示1展示2
展示3展示5
船長室カ船長室
船長のマネキンがあって、ちょっとビックリしたのだ。
鐘展示4
4Fには操舵室(ブリッジ)があって、ここは航海の指揮を取る船長や限られた人しか入室できなかった連絡船の心臓部です。
ブリッジ

1Fに行くと、
船の中に電車が!
ナント!船の中に電車?!
最初にも書きましたが、青函連絡船は、青森駅と函館駅を結ぶ鉄道連絡駅なのだ。
電車ごと運んでいたんですね~。スゴイ。
DD16.jpg
連絡船を動かしていたのは、こんな大きなディーゼルエンジンでした。
エンジンルーム
広い船内には、子供たちが作ったねぶた(だるまみたい)も展示してました。
子供たちが作ったダルマみたいなねぶた

青森ベイブリッジ近くにあるこの八甲田丸は何かいも訪れていたけど、中に入るのは初めてでしたが、見応えあって楽しめました。
津軽海峡冬景色歌謡碑
津軽海峡冬景色・・・似合いすぎ。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸ホームページ
スポンサーサイト

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osakapon.blog17.fc2.com/tb.php/985-ae392eab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。