大阪マニアガイド

大阪発おでかけ徹底ガイド ヽ(・∀・)ノ ヽ(・∀・)ノカップル・家族・お友達とどこ行こぉって時に参考にしてくださいっ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テツ闘痔の旅 4湯目「ランプの宿 青荷温泉」

テツ闘痔の旅!4湯目は、ポンちゃんも一緒にランプの宿で有名な「青荷温泉」に行きました!

青荷温泉までの道中に、青森弁(津軽弁?)で書かれた注意書きがあって、これがおもしろい。
「気をつけて運転して」みたいなことを書いてあるんやけど、集中しすぎると逆に事故ってしまいそうなのだ。
1.青荷の入り口だ 2.どさ。湯さ 前見んでハケで

3.ワイうだでカーブだじ ケンド曲ってらな もっと左さ寄れってば
写真だけだと、どう発音していいのか分からないし、意味も分からないと思うので、
突然!青森弁(津軽弁)講座!
※音声を出して、大きな声でリピートしながら御覧ください。


車のライトもキチンと消して、恐ろしく急な坂道を下り、青荷温泉に到着。
青荷温泉に到着!!

青荷温泉の明かりはすべてランプなのだ。
青荷温泉の明かりはランプなのだ ランプの部屋
廊下も部屋もめっちゃいい雰囲気。
お風呂の明かりもランプです。
ちなみに、このランプに惚れて、前回来たときにランプを買って帰ったのだ。

青荷温泉には4つのお風呂があります。
まずは、橋を渡っていく露天風呂「滝見の湯」へ行ったのだ。
橋を渡って滝見の湯に行こう!!

「滝見の湯」は男女別れていて、内風呂と露天があります。
左は女湯の内湯で、右が男湯の露天です。
滝が見えて景色もよくて、めっちゃ気持ちがいい!露天風呂のほうがお湯がぬるかった。(雨のせいかな)
滝見の湯 内風呂 滝見の湯 露天

滝見の湯を出たら、混浴の露天風呂があります。(時間によって女風呂にもなります)
寝違えでお尻だけじゃなくて首まで痛くなったテツは、打たせで温泉治療中。
打たせのテツ
「子宝の湯」といわれているタル湯もあります。
テツが入って写真撮影。
なんかテツが薬味入れか鍋蓋の取っ手みたいに見えるのはポンちゃんだけ?
テツ・・・鍋蓋の取っ手みたいになってますが・・・。
生首みたいにも見える。クラウザーさん・・・。

お風呂からお風呂までの移動は、服を着替えます。裸で移動しないでね。
途中、ランプ小屋がありました。
ちょっと覗いてみよう。
ランプ小屋
ランプ小屋を覗いてみました
ランプがたくさん!
ランプの明かりはホントに癒されます。
日帰り温泉は午後3時まで(夏季)なので、ランプの明かりだけの温泉には入れないのが残念。
でも、内風呂の着替える場所は雨のせいか暗かったので、ランプに明かりが灯っていた。
雰囲気でてます~。
どのお風呂もシャワーはありません。ホンマに風情ある温泉ですわぁ。
青荷温泉内湯

ポンちゃんは、総ヒバ造りの『健六の湯』にも入って、お肌もツルツルで大満足。
テツのお尻合いのアイツもトンと、出てこなくなったのだ。

青森はいいとこいっぱい!!
o.n.i.さんと行く「青森マニアガイド」はカテゴリー『青森』を御覧下さい!


スポンサーサイト

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 温泉・銭湯 | 16:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

つぼ湯が生首に見えるのは、クラウザーさんからの警告なんでしょう…今すぐ全巻揃えた方が良いですよ。でないとクラウザーさんに…あわわ…

| o.n.i. | 2009/07/25 18:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osakapon.blog17.fc2.com/tb.php/678-ae3f1a81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。