大阪マニアガイド

大阪発おでかけ徹底ガイド ヽ(・∀・)ノ ヽ(・∀・)ノカップル・家族・お友達とどこ行こぉって時に参考にしてくださいっ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三徳山三佛寺「投入堂」

GW鳥取キャンプ3日目。

今回鳥取キャンプでの最大目的だった三朝町三徳の「投入堂」参拝。
天気も良くてよかったよかった。

さっそく、行ってみよー!
投入堂目指して行ってみよう!
水を買って、準備OK( ´∀`)b 階段を登っていきます。

参詣者受付案内所があります。
本堂までの拝観料を払います。(大人400円)
三徳山 参詣者受付案内所
投入堂参拝というと、靴のチェックがあります。
三徳山は修行の場であり、木の根や岩やクサリをよじ登る等、場所によっては険しい箇所があります。安全に参拝するために、服装や靴には気をつけなければいけないのだ。

ちなみに、三佛寺の投入堂に行こうという話になった時、「靴」の話題がでたのだ。
そのとき、テツが『長靴』を履いていくと言って、ポンちゃんにも長靴を買うように言ってきたのだ。
そんなテツを「長靴なんて余計に歩かれないわー!!」と、みんなで責めていた。
しかし!長靴が正解だったのだ。
案内所でみんなの靴をチェックしてくれている人も、「自分も長靴で登ります。」と言っていた。
テツ「( ̄ー ̄)ほらな~。」
ごめんなさい・・・。言うこと聞いておけばよかったね。

案内所から登山事務所へ向かいます。
途中で、安全祈願。
登山の無事を祈って・・・

干支のお地蔵様が並んでいました。
干支のお地蔵様 卯・辰・巳 干支のお地蔵様 酉・戌・亥
三佛寺のお地蔵様は、一体一体が個性的でユニーク。
カワイイ帽子をかぶったお地蔵様もいました。
愉快な姿のお地蔵様がいっぱいいました。

どんどん進んでいくと、登山事務所に着きました。
単独(1人)での入山はできません。
『単独(1人)での入山はできません。』と張り紙が貼ってます。
ちょっとキンチョーしてきたんやけど・・・。(;^ω^)

登山事務所で、投入堂参拝料を払います。(大人600円)
そして、本格的に靴チェック。
テツは文句なしに通過。
マリンブーツを履いていたポンちゃんも通過。
しかし、オシャレスニーカーだったみっちゃん。
「わらぞうりに履き替えてください。」
(・∀・)えっ!わらぞうり。(ヾノ・∀・`)ムリムリ
靴NGの人はわらぞうりに履き替えましょう。わらぞうり500円
靴NGが出たら、わらぞうりを500円で購入します。(記念に持って帰りましょう)
みっちゃんわらぞうりに履き替え!大丈夫??
みっちゃんわらぞうりに履き替えます。
大丈夫??
最初は歩きにくいかな?って心配したわらぞうりやけど、意外に歩きやすい♪を連呼。
よかったよかった。

投入堂に向かって出発!!( `・ω・´)ノオー!!
山道を歩いていきます。
山道を歩いていきます。
どんどん道がなくなってきました。
ここを登るの?!
だんだん道が道じゃなくなってきました。
なんだかロッククライミングみたいになってきたのだ。
手や足をかける場所を探して登っていきます。
みっちゃんわらぞうりで大健闘!
みっちゃんガンバレ!!
めっちゃ暑くなって汗も吹き出てくる。
でも山を吹き抜ける風が気持ちいい!

まだまだ余裕もないのに、ナント目の前に超難関がっ!!
クサリです・・・。
文殊堂の横は崖みたいになっていて、足場が悪いのでクサリを持って登っていくのだ。
文殊堂の横はくさり坂。くさりを使って登ります。
安定しないので、1人づつ登っていきましょう。
滑らないように気をつけて、1人づつ登っていきましょう。
長靴を履いたテツはスイスイ登ってきました。

ずっとずっと気を抜けない登山が続きます。
進路がどこなのかも分からなくなっちゃうのだ。
まだですか~>ω<)ノと、ヘロヘロになってきて、テツの体から湯気が出てきた頃、
目の前に観音堂がっ!
観音堂 観音堂と岩の間を抜けていきます。
観音堂と岩の狭い間を抜けていくと、もうすぐです!!
狭い山道を抜けると、やっと到着しましたー!!

三徳山 三佛寺 投入堂
いやぁ~+(0゚・∀・) + スバラシー! +
しかし、不思議です。どうやってあんな崖の上に作ったのでしょうか?
ガイドブックにも
『慶雲3年(706年)、役の行者が法力で岩屋に投げ入れたといわれ、「投入堂」と人々は呼ぶようになったと伝わる』
と、しか載っていない。
しばらく、達成感に満足しながら投入堂を眺めて休憩して、泥の上を歩いてしまったみっちゃんのわらじぞうりに水が染みこんで、わらじぞうりが危険な状態になってきた頃に下山することに。

下りも慎重にいきましょう。
下りも気を抜けない!
下りも大変で、選択するルートを間違えるととんでもない事になるのだ。

途中の地蔵堂で一休み。
地蔵堂
でもあまりに高いところにあって、手すりもないので怖くて一休みにならないのだ。
地蔵堂へ上がってみました!こわい・・・! 地蔵堂からの眺めはよかったー。
眺めはめっちゃいいんやけどねー。
景色を眺める余裕がなくて、とっとと退散。

岩を登って、鐘桜堂の鐘をゴォーンとつくこともできます。
鐘桜堂で鐘もついちゃいました。
子供みたいにとりあえず何でもやってみちゃます。

出発から1時間30分くらいで、やっと戻ってきました!
みっちゃんわらじでよく頑張りましたー!
みっちゃんのわらぞうりもボロボロになっちゃいました。

わらぞうりは、水で洗わないで(ご利益が流れるため)、家に持って帰り、干して乾かしましょう。
着いている砂はビンか何かに入れておいておきましょう。
いらなくなったら、ゴミ箱に捨てず、近所のお寺に持って行きましょう。

三徳山「投入堂」参拝は、めっちゃ大変やったけど、行ってホントによかったのだ!

三徳山入峰修行(投入堂参拝登山)心得
●参拝受付時間は8時~15時まで。入山手続き下山手続きを必ず行ってください。
●参拝受付時に輪袈裟(わげさ)をお貸しします。必ず輪袈裟をしてご参拝ください。
●雨や雪など荒天時、またその後により登山道が危険と判断した場合は入山禁止となります。
●ペットは他の参拝者の方々に迷惑がかかるので持ち込まないようにしましょう。
スポンサーサイト

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 鳥取 | 18:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なんちゅー寺じゃ!でもオモシロソウっすね

| o.n.i. | 2009/05/09 22:21 | URL |

すごい所にあるお寺やね。
参拝した後の充実感、なんとも言えんやろうね。

| 姉 | 2009/05/10 07:54 | URL |

8年前は300円で1人でも登れたのに…ケガ人が出たんでしょうな!投入堂の後は三朝温泉が旅人王道セットコース

| 茶男 | 2009/05/10 10:54 | URL |

>o.n.i.さん
かなりダイエットになりますよー。
まぁ、ポンファミリーの場合その分食べまくってるのでトントンやけどね・・・。v-389

>姉
確かに神聖な感じがするよ。
登っている時は、何も考えれないけど。

>タケヤン
タケヤンやったら、1時間以内で往復できたんちゃう?
確かに、『転落事故場所』って書いた張り紙があって、ロープで封鎖されてる場所もあったよ。

| ポンちゃん | 2009/05/10 21:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osakapon.blog17.fc2.com/tb.php/614-a89e10bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。