大阪マニアガイド

大阪発おでかけ徹底ガイド ヽ(・∀・)ノ ヽ(・∀・)ノカップル・家族・お友達とどこ行こぉって時に参考にしてくださいっ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仏生山 来迎院 『法然寺』の圧巻3D涅槃像

香川県高松市にある『法然寺』に行きました。
法然寺
「法然寺は、建永2年(1207)に、法然上人が御年75歳で四国に流されてお住みになった小松庄生福寺の遺跡です。ここを高松藩祖松平頼重公が復興して代々の菩提寺としたものです。」(法然寺HPより)
歴史のあるお寺です。
仁王門 迫力があります
仁王像も迫力があります。
テツと幸子が仁王像のマネして写真撮ったけど、あまりにも・・・なので、それはカットしときます。
仁王門を抜けて歩いていくが、階段の先の二尊堂はまっくら。
仁王門を抜けて階段を上っていくと、そこには真っ暗なお堂が。
恐る恐る通り抜け。
天井を見ると、天女がいた。
天井には天女が。
お寺には桜の木がいっぱいで、花びらが散って、いたるところが桜のじゅうたんだった。
ちなみに階段は歩幅がバラバラで、ケッコー怖かった。
階段は桜のじゅうたん。
桜の階段を上って行くと、文殊楼に着いた。
天井からロープがぶら下がっている。
好奇心旺盛な幸子はおそらく何も考えずに引っ張った。
ぶら下がっているロープを引っ張ってみるとっ!
ゴーーーーーーーン
鐘が鳴り響いたのだ。
ビックリしたが、とりあえず全員鐘を鳴らしてみる。
素敵な眺めです~
今回、なんで『法然寺』にやってきたのか。
『法然寺』は日本でも珍しいお骨仏のあるお寺です。
そして、ココには有名な涅槃図の光景をそっくりそのまま実物大で再現した3D涅槃像が見れるのだ。
ちなみに涅槃図ってこんな感じ。
涅槃像画
※イメージです
これが実物大で立体化してるなんてスゴイ!!
受付で350円払い中に。
涅槃像をみに行こう。
途中で、お骨仏がありました。
仏様は真っ白、周りの装飾が淡いパステルカラー。
なんだかすごくキレーでした。
順路を進んでいくと、三仏堂に到着。
扉を開けると目の前は超別世界!!
お堂の中は、涅槃図が立体でリアルに再現されてます!!
写真撮影や触るのはNGですが、ケッコー自由に見ることができるのだ。

中央で横たわるお釈迦様、その周りを嘆き悲しむ弟子達やたくさんの動物。そして、天空からは天女が…。
私達もずいぶん長い時間お釈迦様の前に座っていたのだ。

部屋を囲む廊下には、歴代の住職の像がずらりと並んでいて、今にも動き出しそうだった。
小さな子供達はきっと怖がるにちがいない。

本堂と平成23年に新築された五重塔
いろんな気持ちをもって外に出た4人組。
すると、目の前に金箔の大黒様を発見。
金箔の大黒様がおりました
圧巻の涅槃像を見て浄化されたような心は一気に金箔の大黒様に持っていかれたのだった。

香川県高松市『法然寺』ホームページはコチラ
スポンサーサイト

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 香川 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://osakapon.blog17.fc2.com/tb.php/1063-33be3b06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。