大阪マニアガイド

大阪発おでかけ徹底ガイド ヽ(・∀・)ノ ヽ(・∀・)ノカップル・家族・お友達とどこ行こぉって時に参考にしてくださいっ

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

≫ EDIT

闘痔九湯目 蔦温泉

九湯目にやってきたのは、蔦温泉。
蔦温泉
いつも近くの谷地に行ってたため、ここは初めて来たのだ。
素朴な温泉。モザイク入ってるのわかりますか?
浴室には水槽があって、イワナが泳いでいるのだ。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


スポンサーサイト

| 青森 | 16:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

闘痔八湯目 谷地温泉

闘痔八湯目は、日本三大秘湯「谷地温泉」
谷地温泉
この温泉の、ぬる湯感は魂がぬかれるほど、トロトロになります。
地元の人とふれ合えるのもいいのだ。
湯気でほとんどうつってません・・・。
ちなみに、谷地もたまに男湯なのにばーちゃんが入ってます。

この辺りは雪深く、除雪車を見かけます。
近くで見るとでかい。
この辺りは雪深く、除雪車があります。
雪の坂をものともせず進んでいきます。
大阪では見れない光景なのだ。
ゴールデンウィークでも雪の回廊を見ることができます。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

津軽鉄道ぶらり途中下車の旅

今回の旅はテツの鉄っちゃんの旅。

津軽鉄道を堪能。
まずは五所川原駅から。
津軽鉄道 五所川原駅
駅の待合室もストーブがあって、東北らしい。
大阪じゃ、こんな雰囲気の駅には、なかなかお会いできないのだ。
五所川原駅待合室
五所川原駅の横にあるのが、喫茶(食堂)『でる・そーれ』
最近では「ぴったんこカンカン」のロケで安住さんやあき竹城さんが訪れているのだ。
でる・そーれ
オニも喜ぶ魅力的なメニューがたくさんあって、津鉄汁セットを食べたいところだったが、o.n.i.さん家でたらふくうまい朝飯を食べてきたので、コーヒーのみ・・・。
『でる・そーれ』の魅力的メニューの数々はコチラから。

この時期の特別列車「ストーブ列車」に乗り込み、津鉄の旅が始まる。
津軽鉄道で旅をしよう嘉瀬駅

津軽鉄道は12の駅がありますが、そのうち9駅が無人駅なのだ。

東北の駅100選にも選ばれている無人の「芦野公園駅」
県立芦野公園の中に存在する全国でも珍しい駅なのだ。
ちょうど今の季節は、桜のトンネルが見どころです。
そして、太宰治の小説「津軽」にも登場する情緒あふれる芦野公園旧駅舎は、喫茶店「駅舎」となって復活しています。
芦野公園駅旧駅舎 喫茶『駅舎』
店内には津軽だこがありました。おいしいコーヒーを飲もう
店内には津軽凧が飾られていて魅力的だった。

芦野公園駅の隣にあるのが金木駅。
太宰治の生家「斜陽館」や「津軽三味線会館」があります。
案内
津軽三味線会館
太宰治記念館「斜陽館」
迫力ある生の津軽三味線演奏が聴けたり、昔の衣装を着て写真を撮ったり、楽しめます。

ちょっと気になっていた「馬まん」
1個しか残ってなかったけど、1/4に切ってくれたので、4人で「1個の馬まん」食べました。
馬まん?1/4に切ってくれました。1/4マン
気になるものと言えばもう一つ。
パンダのおやき。
そのままだが、パンダの形したおやきだった。
パンダおやきこれがパンダのおやきだー!

鉄道の旅もいいもんです。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ストーブ列車

今回の旅のもう一つの目的。

ストーブ列車。
ストーブ列車
津軽鉄道で、12月1日~3月31日のみ運行してます。

ストーブのある車両と普通車両に別れていて、ストーブ列車に乗るには、通常運賃+ストーブ列車券(300円)が必要です。
だからストーブがある車両に乗っているのはほとんど観光客です。
ストーブ
吹雪くほど燃え盛り来るストーブ汽車ストーブ列車 プレート
ストーブ列車 セピア

スルメイカを焼きました。
イカを焼こう
途中、炭を入れに来てくれました。
途中、石炭を入れに来てくれました。
汗だく・・・。
厚着しすぎて汗だくに・・・。
外は雪。
あったかいストーブ列車のいい旅になりました。
津軽五所川原駅雪の中を走る

津軽鉄道では、夏は風鈴列車、秋は鈴虫列車など素敵なイベントがあるので要チェックです。
津軽鉄道ホームページ(※音楽がなります)

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 14:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酸ヶ湯温泉

闘痔五湯目。

ひばの大浴場で有名な酸ヶ湯温泉。
酸ヶ湯温泉
すごく広くて大きくて、温泉も気持ちいいけど、混浴やから女性は気をつけましょう。
(※フロントで湯着売ってます。ちなみにポンちゃんは今も酸ヶ湯で買った湯着を何かと活用しております。)
調子もよくなってきたのだ。


酸ヶ湯温泉では、被災された方の一時避難を受け付けしています。詳しくはホームページをどうぞ。
酸ヶ湯温泉ホームページ
青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50番地

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 15:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅虫温泉 辰巳館

闘痔4湯目。

浅虫温泉『辰巳館』
浅虫温泉 辰巳館
青森県青森市浅虫山下281

風呂に入ると、
浅虫温泉 辰巳館 お風呂
男湯なのに、ばーちゃんが入っていた・・・。

浅虫温泉『辰巳館』詳細はコチラから。

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鶴亀屋食堂 マグロ丼

鶴亀屋食堂

名物マグロ丼
鶴亀食堂 マグロ丼ミニサイズ1,300円
コチラはミニサイズ1,300円。

ご飯が足りなくてお代わりしてしまった。

マグロをどけないと、ご飯がでてこないから取り皿がでてきます。
親切というか何というか・・・。

鶴亀屋食堂
鶴亀屋食堂『食べログ 』
青森市大字浅虫字蛍谷293-14

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花見2011

先週の日曜日、恒例になってきたポンファミリーのご近所お花見を今年もやりました!

昨年はビックリするくらい1本も花が咲いておらず、ゲストに迎えたブルテリアの花ちゃんを見ながらのとりあうえずお花見になってしまった。
今年は!?
お花見2011年
なんとか1本咲いていました!

まだ肌寒かったのでタープを張りました。
タープを張ってお花見スタート
準備はOK!
前日に決めて、突然のお誘いだったにもかかわらず、みっちゃんやゆーたろー君、幸子やくーみー、そしてクマ子さんと花ちゃんも来てくれましたー!!

花ちゃんはサークルに入れられ、「遊んでちょうだ~い!」と可愛くアピールするが、まずはお酒と肉とおでんと団子に夢中の人間達。
今年も花ちゃんとお花見ピンクのフリフリ花ちゃん

お肉おでんくーみーが持ってきてくれた団子

お腹も一段落して、ようやく花ちゃんはサッカーしたり遊んでもらいましたー。
花ちゃん♪しあわせ

翌週、桜は満開になってました♪
桜は日本人の癒しですね~
桜ってホント素敵ですね~。日本の誇りです!(お花見って外国ではやらないのかな?よく分からない・・・)
東北の桜はこれからですね。
毎年ゴールデンウィークくらいに開催される青森県の『弘前さくらまつり』も開催されるみたいです♪
たくさんの人が桜に癒されてHAPPYな気持ちになれるといいですね~。

弘前さくらまつりの詳細はコチラから

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 大阪 北摂 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

闘痔二湯目 不老ふ死温泉

東北といえば温泉。ホントにいい温泉がたくさんあるんだよなぁ。
痔もちのオイラは今回も闘痔温泉をすることにした。

闘痔一湯目は、青森市内『かっぱのゆ』写真はなし。

闘痔二湯目。
今回、五能線夕日旅の目的のひとつに入っていた黄金崎『不老ふ死温泉』
やってきました!不老ふ死温泉。
露天風呂の目の前にすぐ日本海が広がり、潮風をうけながら入れる温泉。
とにかく気持ちがいい。
日本海を眺めて温泉。不老ふ死温泉
ここが露天風呂。風呂がどこにあるか分かりますか?
(※男湯と女湯は仕切りがあるけど、とにかくOPENです)

今回は、五能線から眺める夕日に時間を合わせるために、途中下車をしてやってきました。
不老ふ死温泉
日帰り入浴
新館大浴場 10:30~14:00
露天風呂   8:00~16:00


まずは、大浴場の内湯に入り、とりあえず飯。
とりあえず飯
飯からの昼寝。
とりあえず昼寝
浴衣はレンタルできるのだ。
すでに開放感あふれたところで、さらなる開放感を求め露天風呂へ。
不老ふ死温泉の露天風呂。とてもオープンなのだ。

こりゃぁサイコーだ。
夕日を眺めて 不老ふ死温泉

不老ふ死温泉
青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

味噌カレー牛乳らーめんバターのせ

また行ってしまった。

青森やけど【味の札幌 大西】
味の札幌 大西
青森市古川1丁目15-6 古川パークビル1F

味噌カレー牛乳らーめんバターのせ
味噌カレー牛乳らーめんバターのせ
うまし!

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あおもり犬

青森県立美術館
青森県立美術館
水曜どうでしょうでもお馴染みの画家マルク・シャガールの作品や、青森県出身の棟方志功、奈良美智さんの作品があります。

あおもり犬。
青森犬
この日は雪があって、近くまで行けなかったけど、通常は目の前まで行けるらしいのだ。

青森県立美術館ホームページ
青森市安田字近野185

この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しゃこちゃん

五能線には、読み方が難しい駅がいくつかあります。

艫作駅(へなし)、驫木駅(とどろき)、風合瀬駅(かそせ)などなど・・・。

そして、五所川原駅の隣にある木造駅(きづくり)
以前、木造高校が夏の甲子園に出場した際、NHKアナウンサーが「もくぞうこうこう」と読み間違えたらしい・・・。

この木造駅の駅舎がスゴイのだ。
すごいインパクトの木造駅舎
ドーン!なんじゃこれ。
なんと、駅舎が土偶なのだ。
明治20年、この地より、左脚が欠損した状態で、縄文時代の『遮光器土偶』が発掘されたのだ。
その後、この土偶は「しゃこちゃん」と、なんとも単純な愛称で呼ばれ、町のマスコット的存在となり、親しまれているのだ。
町は「しゃこちゃん」押しで、マンホールも「しゃこちゃん」。
マンホールもしゃこちゃんでした
木造駅は、東北の駅百選にも選ばれているのだ。
この木造駅は東北の駅百選に選定されているのだ

ちなみに、この「しゃこちゃん」。
電車が来ると目が光る(※通称 いらっしゃいビーム)と聞いていたので、「いらっしゃいビームを拝もう」と、o.n.i.さんと先回りして電車が来るのを待っていたが光らなかった・・・。
後で聞くと、子供が怖がるからと自粛しているらしい。
さらに後から聞くと、「いらっしゃいビーム」は昔から駅員さんが手動で操作しているので、駅員さんに言うとビームを出してくれることもあるらしいのだ。

木造駅から歩いて20分ほどの所にある『つがる市縄文住居展示資料館 カルロ』がある。
つがる市縄文住居展示資料館「カルコ」 

そこには、さすが!本物のしゃこちゃんがっ!!
展示されている遮光器土偶。しかし、これはレプリカなのだ。
って思ったら、展示されているのはレプリカだった。
本物は、東京国立博物館にあるらしい・・・。
こんなに「しゃこちゃん」押してるのに、複雑な気分なのだ。

話題性は十分なんで、五能線に乗ったら『木造駅』で途中下車することはオススメします。

しかし、時刻表をちゃんと見て計画しないと、【温泉のんびり夕日ツアー】をローカル線でやろうと思い、出発した俺たちは、ここで途中下車してしまったら、夕日はとっくに海に沈んでしまって、星空ツアーなってしまう。
だから、実は【五能線 温泉のんびり夕日ツアー】をした日は途中下車を諦めて、翌日o.n.i.さんの車でやってきたのだった。

木造駅の場所はこの辺です!


この記事を読んで、面白かった!役に立った!っと言う方は、
お手数ですが、ポチッとお願いします。d(ゝω・o)


ありがとうございます!感謝ですっ
ありがとうございます(・∀・)人気blogランキングでは今話題のブログをカテゴリー別で見れちゃいます!

ありがとうございますっ!


| 青森 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月